韓国の文在寅大統領と握手しつつもあさっての方を見るトランプ大統領! 

 韓国は、現実を理解出来ていないようです。米国からも、いよいよ見放されたのでしょうか?

G20にて、首脳夫妻がエルプフィルハーモニー・コンサートホールで上演された公演を観覧した時の一コマ。文在寅と握手しつつもあさっての方を見るトランプ大統領と、それを後ろで見ている習近平。
【写真】習主席の前で文大統領の手を握るトランプ大統領
2017年07月10日08時28分  [中央日報/中央日報日本語版]

 トランプ大統領は、日・米・韓の三者首脳会談を重要視していたと思うのですが?文大統領の北への対応に不満があったのかも知れません。
 日米韓首脳、対北朝鮮同盟の強化で一致
 日本、米国、韓国は北朝鮮側からのあらゆる攻撃の抑制と対応能力をさらに拡大し続ける。米国は、通常兵器や核兵器による防衛への「鉄の」義務について改めて主張した。首脳らはまた、北朝鮮との経済的つながりを弱めるよう国際社会に呼びかけたほか、「北朝鮮と国境を接する諸国(露中)」に、「より活発に」働きかけるよう呼びかけた。
 先ほど、トランプ大統領は、ドイツのメルケル首相、安倍首相、韓国の文在寅大統領と「素晴らしい会談」を行ったとツイッターにつぶやいたトランプ氏と習近平氏ですが、裏では韓国をどうするのかを決めていると思います。文大統領を生暖かく見守っている状況なのかと思います。
 日本と中国も、表向き敵対しているように見せている方が、双方に都合が良いのです。中国国内でも反日勢力は多いし、日本の反中国層にもアピール出来、グローバリズム勢力は中国を敵視していますから。そして、グローバル闇支配者は大東亜圏モンゴロイドの結集を恐れています。

 二階幹事長が、先回りして親書を渡しているから、国家首脳同志は、理解が出来ているはずです
 自民・二階俊博幹事長、中国の習近平国家主席と会談(安倍首相の親書を手渡す)

 自民党の二階俊博幹事長は16日午前、訪問先の中国・北京で習近平国家主席と会談した。二階氏は安倍晋三首相の親書を渡し、日中関係の改善に向け意見交換した。14日に弾道ミサイルの発射を強行した北朝鮮への対応も協議したとみられる。
 二階氏は15日、記者団に対し「北朝鮮の問題について中国に期待するところが大きい。その期待に応えてほしいということは希望として述べておかなければならない」と、習氏との会談に意欲を示していた。二階氏は平成27年5月の訪中時にも習氏と面会し、首相の親書を渡した。
 二階氏は14、15両日に北京で開かれた現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに日本代表団として出席するため、12日から滞在。習氏との会談後、帰国の途に就く。
マスゴミは、表だけを見せられているって事ですね。

 ロシアルートは、森元首相を使ってます。日露平和条約締結へ 森元首相が大きな援護射撃
 NHK「前例のない歓待」 プーチン大統領が森元首相をホテルまで送迎。

 ロシアのエカテリンブルクでプーチン大統領と日本の森喜朗元首相の会談のニュースの中で、NHKは大統領が自らの公用車でホテルまで森氏を送迎した事実を特に強調した。地元の州知事迎賓館での非公式の夕食会の後、両氏は森氏が宿泊する予定のホテルへ共に向かった。今回のもてなしは「前例のない手厚い歓迎の表れ」である、とNHKは指摘している。

 森本康敬前釜山総領事の更迭、これこそが、Kの法則でしょうか?韓国と共鳴すると、ろくな末路にはなりませんね。政府の帰国判断を批判した森本康敬前釜山総領事、対韓外交から外れ広聴室長に

2017.7.11 01:33更新
 外務省は11日付で、森本康敬前釜山(プサン)総領事を同省広聴室長に当てる人事を発表した。森本氏は日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していたが、政府の方針に異を唱えたとして6月に事実上更迭されていた
 広聴室は外交政策や外務省の業務に関する国民の意見募集などを担当する。森本氏は韓国語が専門で韓国の駐在経験も長いが、対韓外交の実務から外れることになる。
 森本氏は1~4月に一時帰国した際に知人らとの会食の席で、自身の帰国を決めた安倍晋三首相ら官邸の判断を批判したとされる。韓国側に誤ったシグナルを送りかねないとして問題視されていた。

釜山日本領事館前に慰安婦像を建てられたのに、韓国側に抗議するどころか、政府批判しちゃう総領事
 対抗措置として一時帰国した日本で、それに異を唱えたのがバレての更迭です。国際条約を無視している韓国人の言い分を擁護しちゃったわけで、典型的な外務省の売国官僚です。一時帰国中の森本さんが、旧知の記者と食事をした際の発言メモがなぜか流出。逆恨みするのは、前川氏と同じに見えますが。
 文部科学省と外務省は、多分同じような成分で構成され、知能指数が同レヴェルなのでしょうか?日本では、いまだに、アメリカの意に従う官僚組織が国内では君臨していますから。官僚組織という反対勢力の個別分断統治に成功しているとも見えます。外務省も文科省も、烏合の衆と化して来ましたから、この国には外交も教育も終焉を向かっています。
 売国官僚はひたすら私欲のため、我田引水せっせと私腹を肥やし、国民の税金を無駄にする吸血鬼です。官邸が、粛正しているのでは無くて、売国奴の「退治」しているのだと思います。
 退治と言えば、中国からのヒアリに続いて、韓国からも毒アリのテロ攻撃があったようです
 安倍政権の支持率低下で、マスコミはじめ反安倍派は狂喜乱舞ですが、ネオコンの命令通りに支持率を下げているだけで、与党の支持率が下がっても野党の支持率も低調のままなのです。無党派層の拡大とかをやってますが、安倍政権が何をやって来たのかに触れる事もなく批判だけをするのはアンフェアです。
 安倍総理は、日本を変えようとしている事を無視しています。
 福島第一の終息に、ロシアとの関係改善、日本に国家の主権を取り戻すために行動していると思います。ネオコンの支配に従わないから、ネオコンの下請けのマスゴミに攻撃され続けているのです。
 マスゴミは、日本を護るために存在しているわけでは無いと言う事だけは、覚えていた方が良いのです。TV局の株主構成からも、米ネオコンに乗っ取られているのが明白なのです
 そして戦後、米国が朝鮮人を使い、日本をコントロールし世界で一番バカな国にしたのです。それが一番分かるのがTVです。TVを観ても朝鮮芸能人、朝鮮番組ばかり、内容も怒りしかでない番組ばかりで、電波を無駄にし、日本人のマインドをコントロールする低レヴェルメディアばかりです。

 安倍総理だと、ネオコンに利益誘導が出来ないから、攻撃しているのですその意味では、安倍総理は、国益を優先するナショナリストと思っても良いでしょう。黒田総裁が金融緩和の継続を宣言して、アベノミクスは続行です。過去の経済政策が全く機能しなかった中で、日本は独自路線で行くことを選択したのです。
 まだまだ、失われた20年を取り戻す道は長いでしょうけど、やる価値があるとも思います。岩盤規制の既得権益を排除し、新生日本の目標がはっきりとするまで、抵抗は続いて行くでしょうけど。マスコミのフェイクニュースにすら、何の驚きも無くなり、反応も薄くなってしまいました。
 だって、いつも同じパターンしか無いのですから。

(くまチューブ)

いつも半島人の態度には呆れ果てています。

 偉くもないのに偉そうに。相手にしないことが一番。日本政府が慰安婦に10億円を恵んであげたのは完全な失策。半島人はいくら恵んであげてもつけあがるだけ。
 民度が低すぎて付き合えません。本当に迷惑極まりありませんね。
 訪日外国人の4分の1が韓国人らしいのです。今や日本は中国人と韓国人であふれています。

 韓国国会の丁世均(チョンセギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。
 それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。
 その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。
 また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。
 さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。

丁氏は、その後に安倍晋三首相を表敬訪問した際にはこうした問題は持ち出さなかったが、外務省関係者によると、日本側に事前に国際常識から外れた要求をしてきたという。
 韓国の文喜相(ムンヒサン)大統領特使が5月18日に安倍首相を表敬訪問したときには、首相が座った椅子が文氏の椅子とデザインが異なり、若干大きかった。これを気にした丁氏サイドが「首相と韓国議長の椅子を同じものにしてほしい」と要請してきたため、丁氏表敬時には同型の椅子を用意した。
 安倍首相と丁氏が「同格」であると演出する狙いがあったとみられるが、外務省関係者は「韓国大使館から杉山晋輔事務次官にまで『椅子をなんとかしてほしい』との電話がかかってきた。理解不能な反応だった」と話している。

 米ホワイトハウスで開かれた6月30日の米韓首脳会談で、より良い取材位置を求めて韓国の報道陣が大統領執務室で押し合いとなり、トランプ大統領から「おい君たち、落ち着け」と叱られる一幕があった。米メディアが報じた。
 並んで着席していたトランプ氏と韓国の文在寅大統領に突進するように執務室に入った報道陣。トランプ氏の脇にあったテーブルに記者やカメラマンがぶつかるなどして、卓上の電気スタンドが大きく揺れた。
 ホワイトハウスのスタッフがとっさに手で押さえて無事だったが、トランプ氏は顔を紅潮させて「どんどん行儀が悪くなっているな」と苦言を呈した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6月29日にワシントンDCのホワイトハウスにおもむき、ドナルド・トランプ大統領と会ったことを韓国メディアが報道。
 しかし韓国メディアは普通の報道ではなく、文在寅夫婦、ドナルド・トランプ大統領夫婦の4人が並び、にこやかに写真撮影に応じている。
 しかしレッドカーペットを踏んでいるのはドナルド・トランプ夫婦で、文在寅夫人はレッドカーペットを踏めていないことから、韓国メディアは「この場の主役は誰なんだ」と指摘。
 本当にどうでも良いことを、取り上げ米国を批判している。ちなみに批判しているメディアは大手の中央日報である。
 あの国は本当にどうしようもないヤクザと同じ、たかり、ゆすり、の国です。さすがエベンキ族です。
 世界から孤立しまったく相手にされない韓国は、青二才の赤ちゃんの駄々をこねているのと同じです。
 皆さん、あの国を相手にしていたら、とんでもないしっぺ返しがきますよ。
(くまチューブ)